2016年11月26日

1人で暮らすより、例え家族でなくたって一緒に笑える人がいるのは幸せなんだと気付かしてくれた ドラマ「すいか」

私の印象。。。このドラマは、DVDを買ってしまうほど、ドハマりした作品です。舞台となっている「ハピネス三茶」と言う今で言うところのシェアハウスなのですが、どちらかと言うと、食事つきの下宿に近い趣のある私好みの住まいが舞台で繰り広げられる4人の住人のお話なのです。いつまでも子離れ出来ない母親と同居をしている主人公が、ある日「ハピネス三茶」で住人を募集しているチラシを目にして、訪れた先は自分の黒歴史が刻まれた場所。帰ろうとする主人公を若くして大家を親に押し付けられた料理上手な大家さんに、中だけでも見て行ってくださいと切願されて、中に入ってみると いきなり天井に穴が開くと言う前代未聞のトラブルが。住人の大学教授が本を積みすぎて穴が開いてしまったと言う、ありえないけど、古い家屋ならありえるのかな?そこの住人はエロ漫画を描いて生計を立てているのもも、なかなか思うように収入が無く、家賃を滞納している漫画家、穴を開けてしまった大学教授、そして若い大家さんの3人。誰もがとても個性豊かで、愛すべきキャラクター揃い。そこに親元を離れて済み始める主人公は、信用金庫に努めるOLさん。アラサーで社内ではお局扱いをされ、出来る事なら寿退社でも何でもいいからと厄介払いされそうになっているのです。既に同期は退社していて、たった一人の同期入社だった社員がこれまたとんでもなく3億と言う大金を横領して、逃亡。そんなハチャメチャな生活を始めた主人公ですが、親元では気付かなかった事に、どんどん気付いて行くのです。アラサーにして、自分の生き方を開花させる、これまた変わった形で。でもそんな生活の中でもさよならはつきもので、一番最年長に大学教授がハピネス三茶を引き払い、旅に出る事になるのです。別れを惜しまれながら旅立つ背中は、決して寂しそうではなく、凛とした背中を見送る住人達。そしてまだまだ続いていく残された住人達の生活。このドラマにはまだブレイク前の今人気の俳優、女優さんが出ているので、それを探す楽しみもあります。このドラマ、本当に大好きなだけに、続編をそろそろ作ってはくれないかなと切に願ってるのだけど、なかなか思い通りにはいきませんね。でも続編が作られたとしたら、また絶対にDVDを揃えてしまう自分がいる事だけは決定です。
posted by ほりしん at 16:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今の時代、女性はどれだけ好きな事が出来て幸せなんだと、心から気付かせてくれる ドラマ「明るいほうへ 明るいほうへ」

ちょっと古いドラマスペシャルなんですが、この「明るいほうへ 明るいほうへ」はとても思い出深く、昔は才能があっても女性は生きにくい時代だったんだなと、とても切なく考えさせられる作品です。童謡作家の金子みすゞさんの生涯と綴ったストーリーなのですが、金子みすゞさんを演じているのが、、松たか子さんなのですが、本当に切なく でも自分の人生に正直に生きて、子供を守るために自ら命を絶ち、それだけではなく遺書は当然の事、遺影の支度や、自分が亡くなった後の子供の事まで、しっかりとした意思表示をした事への驚き、同性の私から見ても、とても強い女性だし、それなのに残した唄の数々は とても優しく、こうありたいと言う願いが詰め込まれている。それを見事に演じ切っていた松さんは素晴らしかった。有名な唄で「私と小鳥と鈴と」しか知らなかった私は、金子 みすゞさんがこんなにも悲しく切ない一生を送っていたことを知らなかったので、このドラマを見た後、文献を沢山購入して、26歳と言う短い一生について調べたほどです。本当に一家の為に結婚をし、子供が出来たことを心から喜び、でもその反面、夫の収入が低く、食べる事にも事欠く中、雑誌に唄を投稿と作家仲間との文通を楽しみに、育児や家事を精一杯頑張っていたのに、夫の浮気と言う裏切りと、それだけではなく、淋病までもを移されてしまうと言う悲劇。どれだけ虐げられたらと、胸が締め付けられて、息が苦しくなるほど松たか子さんは鬼気迫る、まるで本当の金子さんなのではないか?と思うほどの素晴らしい演技でした。一人娘のふうちゃんの為に、必死に生き、唄を作り続け、自分の人生に終止符を打つ前、ふうちゃんをお風呂で身体を洗って上げ、寝る前に一緒に大好物の桜もちを家族と一緒に食べながら「今夜の月はいい月ね」と憂いを含んだ笑顔、今でもその笑顔の松さんが目を閉じると鮮明に浮かぶのです。本当に切なく、女性が生きるには難しい時代だったとしても、全て家族の為に人生を捧げた金子みすゞさんを完璧に演じきった松たか子さんの素晴らしさ、そして唄しか知らなかった私に金子みすゞさんの一生を教えてくれた、この作品に感謝している位です。堀本真也でした。
ラベル:堀本真也
posted by ほりしん at 16:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1人で暮らすより、例え家族でなくたって一緒に笑える人がいるのは幸せなんだと気付かしてくれた ドラマ「すいか」

このドラマは、DVDを買ってしまうほど、ドハマりした作品です。舞台となっている「ハピネス三茶」と言う今で言うところのシェアハウスなのですが、どちらかと言うと、食事つきの下宿に近い趣のある私好みの住まいが舞台で繰り広げられる4人の住人のお話なのです。いつまでも子離れ出来ない母親と同居をしている主人公が、ある日「ハピネス三茶」で住人を募集しているチラシを目にして、訪れた先は自分の黒歴史が刻まれた場所。帰ろうとする主人公を若くして大家を親に押し付けられた料理上手な大家さんに、中だけでも見て行ってくださいと切願されて、中に入ってみると いきなり天井に穴が開くと言う前代未聞のトラブルが。住人の大学教授が本を積みすぎて穴が開いてしまったと言う、ありえないけど、古い家屋ならありえるのかな?そこの住人はエロ漫画を描いて生計を立てているのもも、なかなか思うように収入が無く、家賃を滞納している漫画家、穴を開けてしまった大学教授、そして若い大家さんの3人。誰もがとても個性豊かで、愛すべきキャラクター揃い。そこに親元を離れて済み始める主人公は、信用金庫に努めるOLさん。アラサーで社内ではお局扱いをされ、出来る事なら寿退社でも何でもいいからと厄介払いされそうになっているのです。既に同期は退社していて、たった一人の同期入社だった社員がこれまたとんでもなく3億と言う大金を横領して、逃亡。そんなハチャメチャな生活を始めた主人公ですが、親元では気付かなかった事に、どんどん気付いて行くのです。アラサーにして、自分の生き方を開花させる、これまた変わった形で。でもそんな生活の中でもさよならはつきもので、一番最年長に大学教授がハピネス三茶を引き払い、旅に出る事になるのです。別れを惜しまれながら旅立つ背中は、決して寂しそうではなく、凛とした背中を見送る住人達。そしてまだまだ続いていく残された住人達の生活。このドラマにはまだブレイク前の今人気の俳優、女優さんが出ているので、それを探す楽しみもあります。このドラマ、本当に大好きなだけに、続編をそろそろ作ってはくれないかなと切に願ってるのだけど、なかなか思い通りにはいきませんね。でも続編が作られたとしたら、また絶対にDVDを揃えてしまう自分がいる事だけは決定です。
posted by ほりしん at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。