2016年11月26日

1人で暮らすより、例え家族でなくたって一緒に笑える人がいるのは幸せなんだと気付かしてくれた ドラマ「すいか」

私の印象。。。このドラマは、DVDを買ってしまうほど、ドハマりした作品です。舞台となっている「ハピネス三茶」と言う今で言うところのシェアハウスなのですが、どちらかと言うと、食事つきの下宿に近い趣のある私好みの住まいが舞台で繰り広げられる4人の住人のお話なのです。いつまでも子離れ出来ない母親と同居をしている主人公が、ある日「ハピネス三茶」で住人を募集しているチラシを目にして、訪れた先は自分の黒歴史が刻まれた場所。帰ろうとする主人公を若くして大家を親に押し付けられた料理上手な大家さんに、中だけでも見て行ってくださいと切願されて、中に入ってみると いきなり天井に穴が開くと言う前代未聞のトラブルが。住人の大学教授が本を積みすぎて穴が開いてしまったと言う、ありえないけど、古い家屋ならありえるのかな?そこの住人はエロ漫画を描いて生計を立てているのもも、なかなか思うように収入が無く、家賃を滞納している漫画家、穴を開けてしまった大学教授、そして若い大家さんの3人。誰もがとても個性豊かで、愛すべきキャラクター揃い。そこに親元を離れて済み始める主人公は、信用金庫に努めるOLさん。アラサーで社内ではお局扱いをされ、出来る事なら寿退社でも何でもいいからと厄介払いされそうになっているのです。既に同期は退社していて、たった一人の同期入社だった社員がこれまたとんでもなく3億と言う大金を横領して、逃亡。そんなハチャメチャな生活を始めた主人公ですが、親元では気付かなかった事に、どんどん気付いて行くのです。アラサーにして、自分の生き方を開花させる、これまた変わった形で。でもそんな生活の中でもさよならはつきもので、一番最年長に大学教授がハピネス三茶を引き払い、旅に出る事になるのです。別れを惜しまれながら旅立つ背中は、決して寂しそうではなく、凛とした背中を見送る住人達。そしてまだまだ続いていく残された住人達の生活。このドラマにはまだブレイク前の今人気の俳優、女優さんが出ているので、それを探す楽しみもあります。このドラマ、本当に大好きなだけに、続編をそろそろ作ってはくれないかなと切に願ってるのだけど、なかなか思い通りにはいきませんね。でも続編が作られたとしたら、また絶対にDVDを揃えてしまう自分がいる事だけは決定です。
posted by ほりしん at 16:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今の時代、女性はどれだけ好きな事が出来て幸せなんだと、心から気付かせてくれる ドラマ「明るいほうへ 明るいほうへ」

ちょっと古いドラマスペシャルなんですが、この「明るいほうへ 明るいほうへ」はとても思い出深く、昔は才能があっても女性は生きにくい時代だったんだなと、とても切なく考えさせられる作品です。童謡作家の金子みすゞさんの生涯と綴ったストーリーなのですが、金子みすゞさんを演じているのが、、松たか子さんなのですが、本当に切なく でも自分の人生に正直に生きて、子供を守るために自ら命を絶ち、それだけではなく遺書は当然の事、遺影の支度や、自分が亡くなった後の子供の事まで、しっかりとした意思表示をした事への驚き、同性の私から見ても、とても強い女性だし、それなのに残した唄の数々は とても優しく、こうありたいと言う願いが詰め込まれている。それを見事に演じ切っていた松さんは素晴らしかった。有名な唄で「私と小鳥と鈴と」しか知らなかった私は、金子 みすゞさんがこんなにも悲しく切ない一生を送っていたことを知らなかったので、このドラマを見た後、文献を沢山購入して、26歳と言う短い一生について調べたほどです。本当に一家の為に結婚をし、子供が出来たことを心から喜び、でもその反面、夫の収入が低く、食べる事にも事欠く中、雑誌に唄を投稿と作家仲間との文通を楽しみに、育児や家事を精一杯頑張っていたのに、夫の浮気と言う裏切りと、それだけではなく、淋病までもを移されてしまうと言う悲劇。どれだけ虐げられたらと、胸が締め付けられて、息が苦しくなるほど松たか子さんは鬼気迫る、まるで本当の金子さんなのではないか?と思うほどの素晴らしい演技でした。一人娘のふうちゃんの為に、必死に生き、唄を作り続け、自分の人生に終止符を打つ前、ふうちゃんをお風呂で身体を洗って上げ、寝る前に一緒に大好物の桜もちを家族と一緒に食べながら「今夜の月はいい月ね」と憂いを含んだ笑顔、今でもその笑顔の松さんが目を閉じると鮮明に浮かぶのです。本当に切なく、女性が生きるには難しい時代だったとしても、全て家族の為に人生を捧げた金子みすゞさんを完璧に演じきった松たか子さんの素晴らしさ、そして唄しか知らなかった私に金子みすゞさんの一生を教えてくれた、この作品に感謝している位です。堀本真也でした。
タグ:堀本真也
posted by ほりしん at 16:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1人で暮らすより、例え家族でなくたって一緒に笑える人がいるのは幸せなんだと気付かしてくれた ドラマ「すいか」

このドラマは、DVDを買ってしまうほど、ドハマりした作品です。舞台となっている「ハピネス三茶」と言う今で言うところのシェアハウスなのですが、どちらかと言うと、食事つきの下宿に近い趣のある私好みの住まいが舞台で繰り広げられる4人の住人のお話なのです。いつまでも子離れ出来ない母親と同居をしている主人公が、ある日「ハピネス三茶」で住人を募集しているチラシを目にして、訪れた先は自分の黒歴史が刻まれた場所。帰ろうとする主人公を若くして大家を親に押し付けられた料理上手な大家さんに、中だけでも見て行ってくださいと切願されて、中に入ってみると いきなり天井に穴が開くと言う前代未聞のトラブルが。住人の大学教授が本を積みすぎて穴が開いてしまったと言う、ありえないけど、古い家屋ならありえるのかな?そこの住人はエロ漫画を描いて生計を立てているのもも、なかなか思うように収入が無く、家賃を滞納している漫画家、穴を開けてしまった大学教授、そして若い大家さんの3人。誰もがとても個性豊かで、愛すべきキャラクター揃い。そこに親元を離れて済み始める主人公は、信用金庫に努めるOLさん。アラサーで社内ではお局扱いをされ、出来る事なら寿退社でも何でもいいからと厄介払いされそうになっているのです。既に同期は退社していて、たった一人の同期入社だった社員がこれまたとんでもなく3億と言う大金を横領して、逃亡。そんなハチャメチャな生活を始めた主人公ですが、親元では気付かなかった事に、どんどん気付いて行くのです。アラサーにして、自分の生き方を開花させる、これまた変わった形で。でもそんな生活の中でもさよならはつきもので、一番最年長に大学教授がハピネス三茶を引き払い、旅に出る事になるのです。別れを惜しまれながら旅立つ背中は、決して寂しそうではなく、凛とした背中を見送る住人達。そしてまだまだ続いていく残された住人達の生活。このドラマにはまだブレイク前の今人気の俳優、女優さんが出ているので、それを探す楽しみもあります。このドラマ、本当に大好きなだけに、続編をそろそろ作ってはくれないかなと切に願ってるのだけど、なかなか思い通りにはいきませんね。でも続編が作られたとしたら、また絶対にDVDを揃えてしまう自分がいる事だけは決定です。
posted by ほりしん at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ただひたすらに、純粋に願い行動すれば、夢ってきっと叶うんだと勇気をくれる映画「てぃだかんかん〜海とサンゴの小さな奇跡」

「この作品も実話を元に作られた映画です。世界で初めてサンゴの養殖に成功した沖縄が舞台のお話なんですが、これまた主演が、ナインティナインの岡村さんと、松雪泰子さん。大好きなお二人が夫婦役で出演しているし、この原作は度々、ニュースで報じられていたのから、興味津々で家族で映画館に足を運んだのを覚えています。なにより、放映前に主題歌が 山下達郎さんで、MVに岡村さんが出ていて。その映像がとても素晴らしく、見ていて涙が止まらなくなった程。映画本編もとても素晴らしいものでした。子供の頃から、沖縄の綺麗な海で、海の生き物は大好きな岡村さん演じる主人公の金城健司と、幼馴染でお互い初恋の相手だった妻、金城由莉を演じる松雪泰子さんが、自分たちが子供の頃見た海を取り戻したい、綺麗なサンゴ礁の海を、自分の子供たちに見せたいと言う、純粋で曇りの無い目標を掲げ、いくつもの試練、多額の借金をしてサンゴの養殖を始め、漁師の許可を得て、いざ海にサンゴの養殖を行うまでの道のりの長さ、純粋な健司を騙し効率よくサンゴの養殖が出来るようにと言い寄る詐欺師、一時は夢を諦めそうになるほどに近隣の嫌がらせや、大学でサンゴの養殖を研究している教授に、学会で今までの健司が行ってきた活動を発表したら、無意味だを言われるです。もうそれだけで、観ているのが苦しくなってくる位、胸が痛くなるんです。もうボロボロと涙が止まらなくなるんです。ただ海を、自然に優しくサンゴ礁を取り戻したいだけなのにと言う、健司の気持ちが胸に痛いんです。それを文句も言わず、いつもニコニコと笑って励まし、時には頭を下げ、叱咤激励する由莉。私は由莉を見ていて、これが本当の内助の功なんだなと、自分自身を反省しました。そんな色々なトラブルの中、学会でめちゃくちゃに否定されたけれど、たった一つ教授たちをギャフンと言わせる方法があると、健司の活動を素晴らしいと力になってくれた教授が言うのです。「サンゴを養殖して、その養殖したサンゴを産卵させる事が出来たら、誰も文句は言わない」と。まだ誰も養殖したサンゴから産卵させた例はないと。そして満月の夜、いよいよ産卵するかの瀬戸際、産卵の気配が無く、諦めようとした矢先、海底からピンク色の卵がプカリプカリ。もう素晴らしい!これしか言葉になりませんでした。人柄も然ることながら、周りの協力や志を曲げない。海への愛情、なにより夫婦の絆の強さ。全てにおいて素晴らしい映画です。私は漁師組合長役の 國村隼さんが大好きなのですが、今回も男気のある愛情で応援する姿が大好きです。この映画は、後世に残し続けたい映画だと思います。
posted by ほりしん at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんなにも、初恋って綺麗で苦しかったんだと、思い出させてくれる「ただ、君を愛してる」

この映画は「今、会いにゆきます」の原作を書いた市川拓司さんの作品で、私は前情報の無く映画をランダムに観ていくのですが、どうも好きな原作だったり監督だったりに呼ばれてしまうようです。この映画はとにかく号泣するには持って来いな映画です。玉木宏さん演ずる瀬川誠人と宮アあおいさん演ずる里中静流(しずる)、この二人の恋愛なのか、それとも恋なのかを互いに模索して行くのだけど、如何せん誠人くんのド天然にしずるは振り回されます。静流は先天的な病気をこの世に生を受けたとき方持っていて、その病気で母も弟も無くしています。自分自身が成長をすると、病気も一緒に成長してしまうと言う、とても厄介な病気な為、大学生なのに、まるで子供の様な容姿。薬で成長を遅くしているのですが、それを誠人には打ち上げずにいます。はたまた誠人は、幼いころから脇腹に出来たアトピー?的なかゆみを伴う症状に悩まされ、その傷に塗る薬が無臭なのにも関わらず、自分が薬臭いを悩んでいるのです。出会いは大学の入学式、どうしても通る事の出来ない信号を、必死に手を上げて止まって貰おうとしている静流に出会い、誠人が渡れる信号を教えた事が出会いです。カメラが趣味な誠人は、自分だけの秘密の場所で写真を撮っていたら、そこに静流が着いてきて1人の秘密の場所が2人の秘密の場所に。静流もカメラを始める切っ掛けになるのだけど、誠人には入学してすぐに、一目惚れをした彼女が居て、既に誠人に恋をしていて、ヤキモチを焼きながらも二人を応援する静流が本当にけなげで、観ているだけのこちらの胸がキシキシ痛むほど。どうしても誠人に振り向いて欲しい静流は、自分の身体より 成長する事を選んで、投薬を止めるのです。投薬を止めたら当然、背も伸びるし、身体も女性らしくなる、綺麗になって誠人に自分を好きになってもらいたいと。そんなある日、家出をした静流を学内で見つけ、一緒に同居しようと誠人に誘われ、暗室で写真を現像していた時、静流の写真の変化に気付くのです。風景ばかりを撮っていたのに、静流の写真の被写体が人になっていたことに。嫉妬を覚えながらも良い写真だと認めた誠人は一緒に写真展に応募しようと誘います。写真を撮りに行く日を提案した日、誠人は好きな女の子とブライダルフェアに誘われていたので、NGだと断り 当日、スーツから靴まで静流に世話を焼いてもらって出掛けたはいいのですが、持病のかゆみが出てきてしまい、薬を持って出かけなかったはずなのに、スーツのポケットに薬が入っていたのです。理由は簡単、静流が気を利かせて入れてくれていたのです。同時期、静流がお昼ご飯を食べていたら、奥歯の乳歯がポロっと取れた、これは自分の成長を来す印、命がどんどん短くなるという事。喜ぶに喜べないですよね。そんな事が起きた晩、静流は我儘を言います。自分の誕生日にプレゼントが欲しいと。いつなの?と聞かれたら 明日にすると。そのプレゼントとは、誠人とのキス。それをセルフポートレットにして写真展に応募すると。約束をしたからには誠人はちゃんと守るのだけど、ド天然な誠人はその時まで気付かないんですよ、静流の成長に。あー 本当にバカ!と叫びそうになります。そして2人の秘密の場所で、カメラを前にキスをするんですが、本当に本当に美しいんですよ、思い出すだけで涙が出そうになる位。そしてド天然な誠人は気が付くんです、静流が世界の全てだと。これから2人は始まるのだと。だけどそう気づいたときには、全てが遅かった。静流は誠人の元から姿を消していたのです。1人NYに渡り、カメラマンとしてのキャリアを作り、個展を開くことになったと、数年経った誠人の元に手紙が届くのです。見に来て、偉かったね、頑張ったねと褒めてほしいと。もうここからは涙涙で、思わずえぐえぐといい年にも関わらず、涙が止まりません。男の人が流す涙をこんなにも美しいと思う事は無かったかもしれない。決してハッピーエンドではないけれど、苦しくなるほどに切なく、それでいて胸の奥に赤い光が灯るような素敵な映画です。
posted by ほりしん at 16:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんな風にいつまでも子供の様に仲良しなら、ブラコンも悪くないな。映画「間宮兄弟」

この作品も、江國香織さんの原作から入り、映画化になると聞いてとても楽しみにしていた作品です。アラサーの兄弟はとても仲が良く、二人でマンションに暮らしているのですが、休みの日には二人でテーマを決め、DVDを借りて夜通し見たり、たかだか外食するだけと、きっと普通の人は思いがちだけど、それすら「餃子じゃんけん」と銘打って、子供の頃よくやった「グリコ・チョコレート・パイナップル」とじゃんけんで勝った数だけ歩いてお店までたどり着くと言う、簡単に言うと、アラサーでもずっと子供時代を変わらない事で面白がれる不思議な兄弟な訳です。そのくせマニアックで、家の書庫には見た事もない様な辞典や、二人の趣味の本が沢山入っていたり、今のご時世 デジタルなゲームが主流なのに、年期の入ったボードゲームが大切に、尚且つ現役で使われているのです。まぁそんな変わった二人なので、お約束の様に恋人はいませんし、降られた数も多い訳です。間宮兄(明信)演じる佐々木蔵之介さんは、神経質で、女性の理想が高くビール会社に勤務。そして間宮弟(徹信)を演じる 塚地武雅さんは、ある意味ナルシストで、正義感が間違った方向に進んでしまう、小学校の用務員さん。個性だけは人一倍な二人が自分たちにとっては日常な事で、関わりのある周りの人に、色々な影響力を与えてるのに、等の本人たちは全く気付いていないのが、とても面白い。珍しい位、兄弟同士がお互いの事を思いやり、でも時には空回りして、悔し涙を流したり。でもやはり彼女が欲しいし、ゆくゆくはお嫁さんも欲しい。当たり前と言えば当たり前なのですが、客観的に見ても、「この二人じゃ・・・ねぇ?」と思わずに居られないのです。演者のみなさんが、とても個性派が多く、間宮兄弟の母親役は、中島みゆきさんですし、間宮兄が一目惚れをしてしまうヒロイン的存在には、まだ「べつに・・・」報道される前の沢尻エリカ嬢。その妹には、今人気の高い北川景子嬢、間宮弟が勤務する小学校の教師で、間宮兄弟のカレーパーティ等に呼ばれ、弟は兄とくっ付けたい思いで招待したもう一人のヒロインには常盤貴子嬢と、とても魅力的は出演者なのです。流石に原作とは少々異なった部分は多く、映画オリジナルな場面も多く見られましたが、さほど気にならないですし、これはこれでとてもいい作品だと思います。森田芳光監督の持ち味が全体的に散りばめられた映画ですね。間宮兄弟の様な兄弟、姉妹が欲しくなりますよ。毎日日課の「今日の反省会」が出来る位、仲良しならば、私だったら、結婚しなくても二人で暮らし続けたいなぁって、観終わった後に羨ましくなりました。
posted by ほりしん at 16:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。